家具 送る

【元運送業者がぶっちゃける!】家具送る料金相場や費用が安い方法!

家具 送る

大型の家具、箪笥や鏡台、食器棚などを送る時はどの業者が安く安全なのでしょうか?
元運搬業者がお答すると・・
引越し業者が断然安く、しかも安全です。

 

家具を送る作業を毎日行っているだけではなく、タンスなどに多い分解作業も扱いが非常に上手だからです。
また、家の中から外にだしたり、外から家の2階などに搬入してくれるのも引越し業者ならではですね。

 

でも、料金どの位かな???
など不安に思いますよね。

 

相場は、距離と重量でかわります。
近距離であれば5000円前後、遠距離ですと10000円前後です。

 

正直、実際に家具を見てみないとなんとも言えないのが本音です。

 

そこで便利なのが一括見積もりサイトです。
1件1件料金どの位ですか?って確認するの疲れますよね。

 

でも、このサイトを使えば、ヤマトさんやサカイ、アートさん、クロネコヤマト、佐川急便も含めて一括見積もりで料金がわかっちゃうんです!
やるやらないは後のはなしで、料金だけ確認してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ一括比較ガイド!

 

家具1点だけ送る場合、ヤマト運輸ではなくヤマトホームコンビニエンスなの知ってました?

家具送る.com 【元運送業者がぶっちゃける!】 料金相場や激安方法も有
ヤマトホームコンビニエンスはクロネコヤマトの引越し会社になりまして、家具や家電の輸送は家財宅急便というサービスで実施します。

 

サカイやアートは、そのようなサービス名がありませんが実施する内容は同様です。

 

家の中からの搬入や搬出まで実施します。

 

ダブルベッドやクイーンサイズのマットレスなど、階段や玄関を通らない場合は、吊り上げや吊り下げ、クレーン車での移動まで実施します。

 

この倍の料金相場は、プラス1万円から、クレーン導入になると5万円近くなります。
また階段なしか、エレベーター使えるかなどでも料金は大きくことなるので、一括見積もりサイトがかなり便利になりますよ。

 

【補足】

  • 婚礼タンスや洋タンス、和タンスなど、組み合わせのタンスの場合、分解料金がベットかかることがあります。
  • ドレスやスーツなどはハンガーケースと呼ばれる資材を借りるとシワなく運べます。洋タンスの中身はすべて出すことになります。
  • 和タンスの引き出しの中身はそのままでも大丈夫ですが、運送の際、シワになる可能性もあります。

自分で宅配便・宅急便で、家具を送るときにはどんな準備が必要?

家具 送る
家具を送るために準備をする時の注意点は「破損と衝撃に備えた梱包」です。

 

家具を梱包する時には不意に荷重がかかっても破損しないよう、隙間をできるだけ埋めて「箱型」になるような梱包を意識する必要があります。

 

そのためにも可能な限りパーツごとに分解して、個別に包装・梱包しましょう。もし分解できない場合、例えばテーブルの脚が外せないタイプであれば、どの向きから押されても脚が折れないように隙間を緩衝材やエアキャップなどできっちりと埋めておく必要があるでしょう。

 

その上からビニールケースなどで覆い、段ボールなどでさらに補強しておきます。また家具にガラスの部分がある場合には、衝撃で割れてしまわないようやはりクッション材やエアキャップなどで丁寧にカバーしておくのは非常に重要です。

 

これらの作業大変ですよね?

 

引越し業者であれば、「破損と衝撃に備えた梱包」、すべてやってくれます!

 

家具を送るときに着払いサービスって利用できるの?

家具の発送を着払いで行いたいと思う場合、引越し業者ではまず対応してくれるところがありません。

 

配送業者の中ではヤマト運輸の「ヤマト便」もしくは佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅配便」の2つでしょう。

 

ヤマト運輸の「ヤマト便」は3辺の合計が160cmを超える大きな荷物や、重量が30kgを超える荷物の配送を専門的に引き受けています。ただし荷物の梱包は自分で行う必要があり、運送中の破損が生じることを心配するのであれば任意の保険に加入することも可能です。佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅配便」では3辺の合計が最大260cm、重量50kgまでの荷物を依頼することができます。どちらも着払いが可能で、電話で集荷依頼をすれば家まで集荷担当者が取りに来てくれます。

 

家具を送るのに安いプランを提供しているのはどこの会社?

家具 送る家具を送る場合により安い配送プランを選びたいと考えているなら、1点だけ送る場合は「ヤマト・ホームコンビニエンス」、複数送るなら「引越し業者」か「日通」を選ぶのが良いでしょう。

 

ヤマトの提供する「らくらく家財宅急便」であれば家具1点から配送が可能です。梱包から荷ほどきまでスタッフがしてくれて料金は1万円程度です。一方幾つもの家具を送りたいのであれば、近距離移動なら赤帽の軽トラックサービスが確実に安上がりです。5000円から8000円程度で荷台に乗る分だけ運んでもらえます。一方遠距離なら日通の「単身パックL」がいいでしょう。コンテナに入る分であればどれだけ詰め込んでも1万6000円という一定料金です。150万円までの補償保険とスタッフが家具の梱包をしてくれるという無料のサービスも付帯していて大変お得です。

 

家具を送るときの料金をお得にするポイントは?

家具 送る
家具を送る時の料金をお得にするポイントは「送付数に合わせた業者選び」です。

 

小型の家具で梱包は自分で出来るという場合には、クロネコヤマトや佐川急便といった「宅配業者」を利用しましょう。荷物1つ当たり2000円前後で発送ができます。一方ある程度サイズが大きく、自分でうまく梱包できる自信がないという場合には、梱包サービスの付いた「運送業者」を選びます。ヤマトの「らくらく家財宅配便」や日通の「単身パック」などがお勧めです。大きめの家具が複数あって単身パックに収まる大きさではないという場合には、「引越し業者」に依頼するのがベストです。価格比較サイトを利用してアート引越センターやサカイ引越センターなど評判の良い複数の業者から見積もりを取り寄せ、より希望条件に近い会社を選ぶことでお得に家具を送ることができるはずです。

 

佐川急便で家具を送る場合の料金相場とは?

佐川急便を利用して家具を送ろうと思う場合、3辺の和が60cm以内なら「飛脚宅配便」を利用して2000円前後で全国各地に配送が可能です。一方もう少し大きめサイズの家具で、3辺の和が260cm以内であれば「飛脚ラージサイズ宅配便」サービスで、およそ6000円の料金で配送を依頼することができます。重さの上限は「飛脚宅配便」が30kg、「飛脚ラージサイズ宅配便」が50kgまでとなっており、原則として申し込みをした翌日には届けてもらうことが可能です。

 

発送元が「法人」である場合には、佐川急便の法人向け専用サービスである「大型家具・家電設置輸送サービス」が利用できます。3辺の和が600cm以内、重要が80kg以内であれば全国へ配送を依頼することができます。受取人に関しては法人でも個人でも問題ありません。料金は大きさに応じて4000円程度から6万円前後と大きく変動します。

 

 

家具を送るQ&A

ヤマト運輸の宅急便で送れますか?

宅急便は縦・横・高さの合計が160cmまでと制限があるので、ほとんどの家具はサイズオーバーで運輸できません。対応は引越し業者になります。
また佐川急便に大型家具・家電設置輸送サービスもありますが、こちらは法人対応サービス。
日本郵便のゆうパックもヤマト同様にサイズオーバーしますし、郵便局にはグループに引越し会社はありません。

 

家具を送るとき、万が一壊れると保証・保険はどうなりますか?

各社約款にもとづき、原状回復を原則に保証されます。ただし、高価なアンティークなどは別途保険契約が必要、もしくは適用されないなどありますので、詳細は必ず確認してください。高価であればあるほど、確認必須です。

 

ダブルベッドを送ります。恐らく家のドアをでないのですがどうすればいいでしょうか。

分解ができれば、フレームを一つづつ運べば問題ありません。
現地で組み立ても対応してくれます。

 

ときおり海外製品は分解ができない場合があり、このケースだと吊り上げや吊り下げ、クレーン車対応になります。

 

料金が割り増しになりますので、複数社への見積もりは絶対してください。